ブログ

2019.10.30

勉強が苦手な次女の夢

 私には三人の娘がいますが、中でも一番勉強が苦手なのが小学校三年生の次女。考えることも、覚えることも苦手な様子。でも一番勉強熱心なのも次女。セノッピー

学校から帰るとすぐ宿題をし、夏休み冬休みの宿題も最終日にまとめてやったりしない。その勤勉さの理由は彼女の夢にある。彼女の夢は「学校の先生」になること。

実は私が中学校の教員をしており、そのことをずいぶんと誇りに思ってくれているようなのだ。保育園の年中ぐらいから私もお父さんみたいに先生になると言い続けてくれている。

そんな次女が私はかわいくて仕方がないのだ。だから彼女の夢は必ず叶えると固く心に誓っていってる。妻と協力して宿題や学校のテストを必ずチェックし、間違ったところを解説している。

だが時々理解力のなさにくじけそうになることもある。特に漢字が苦手で、「動物」を「うごもの」とちんぷんかんぷんに読んだり、使い分けができなかったり。

例えば「毛」は「け」と読むと一度インプットすると、「け」が出れば「毛」と書いてしまうのだ。何度「気配」を「毛配」と書いて注意したことか(苦笑)。だが彼女の夢はまだまだ始まったばかり!くじけてなんていられない。

お父さんもお母さんもあなたが夢をかなえるためにはどんなサポートだってするからね。努力に勝る才能ナシ!次女よ頑張れ!

2019.10.30

ねむれない我が子

ただいま生後7ヶ月。何事もなくすくすく育ってくれている息子。

2回食の離乳食も適量よりもたくさん食べ、人見知りはなく、ニコニコしてとってもかわいくて仕方ありません。

そんなかわいい息子ですが、ひとつだけ困っていることがひとつだけあります。



それは夜眠らないことです。

眠りに関しては、寝つきが悪い、寝ても1~2時間で目が覚める等、息子の睡眠全般困っています。

何をしても眠らない夜泣きまでは困っていませんが、それでも夜中に5~6回目目覚め、その度に泣き対応しなければなりません。

日常生活でいくら息子が可愛くても、やはり自分の睡眠不足には勝てず、イライラしてしまいます...

ママ友に聞いても息子のように頻繁に起きるお子さんはおらず、日々悪戦苦闘の繰り返しです。

わたしは母乳の出が悪いため完全にミルクをあげており、添い乳もできず。

起きる度に行っていることは①背中トントンする②抱っこして落ち着かせる③ミルクをあげる④お茶をあげる⑤部屋の温度と息子の温度を確かめて適温にする⑥おむつを替える⑦最終手段は少し離れてみるです。

私が行っている上記7つ以外に良い対応方法があれば是非教えていただきたいです。赤ちゃんとはそのようなものだよ。と言われましたら、大きくなるまで頑張るか!とそれはそれで諦めがつきます。



世間のお母さん、わたしに教えてください!

2019.10.30

少しずつ変化する親子関係

私は現在中学2年生と小学校5年生それぞれ男の子の父親です。

昔は良くパパ、パパと懐いて来ましたが最近では、長男はLINEなどのネット

次男は携帯ゲーム機となかなか相手にしてくれません。



ついこの間、長男の様子が少し変だなって思ってはいましたが

気にかけるだけで、こちらからは何も尋ねませんでした

数日後私が休みだったこともあり、塾へ送ることになりなり

長男を車に乗せ走り出しました。



最近では本人から話しかけてくることが、少なくなりましたが

車に乗ってしばらくして

修学旅行の班決めで、同じクラスの女の子と揉めたって話してくれました。



その子は長男にとって、ちょっと苦手な女の子らしいのですが

ありがたいことに、その子は長男に好意を持っているらしく

「一緒の班になりたい」と伝えたそうですが



長男にとっては苦手な女の子のため、やんわりと

「班決めはもっと考えてから、他の子とも組んでみたい」

と説明したら号泣されたみたいです。



長男はただ仲がいい友達(男の子)がいる班に行きたいと思って

そう言ったらしいのですが



その子からしたら自分が嫌いだからだ!と決めつけてしまったらしく

長男の言うことは何も聞かなくなったらしいです



その後頑張って誤解は何とか解いたらしいのですが、その子の言う言葉に

キレながらも、休みの日一日かけてラインで説得したと言っていました。

気まずいし面倒臭いしでもう嫌とのこと



私は妻には悪いのですが、母親を例えに女性の接し方、引くべきは引くこと

思いやりを持って接することなど、簡単にではありますが相談に乗りました。



長男にとっては大変な一日だったかもしれませんが、私にとっては

まだ私のことを頼ってくれるんだって、嬉しい日になりました

これから何度相談してくれるのか、寂しくもあり楽しみでもあります。

カテゴリーリスト

ブログ内検索

Copyright (C) oyakokankei.cloud-line.com All Rights Reserved.